画像ワザールを駆使して、稼ぐ方法を無料のメルマガで公開中!

更に、期間限定で無料メルマガ登録で10万円以上で販売予定だった
【スペシャルな特典】がもれなくプレゼント中!

登録ボタン

Wazaar(ワザール)で通信量を気にせずダウンロードしまくる方法!

どうも!トムフルーズです!

昨日の記事(Wazaar(ワザール)に追い風!スマホ通信網が新ステージへ!)にて、UQWIMAXを格安で契約する方法がある。
ということをお伝えしたのですが、
その詳細を今回はご紹介したいと思います。

Wazaar(ワザール)で通信量を気にせずダウンロードしまくる方法!

Wazaar(ワザール)をスマホで使い倒す!その為の秘策とは?

ということで、まずは、前提として以下のことを頭に入れた上で御覧ください。
  • スマホで動画を視聴する場合の通信量制限を気にせずにWazaar(ワザール)を利用する。
  • 自宅のWIFIで十分だと言う方には、オススメはあまりできない。
  • UQ-WIMAXをトムフルーズが推奨しているわけではないということ。
  • あくまで一つの手段としてこういった方法があるということを知って頂きたい。
  • UQ-WIMAXを検討されるのであれば、その契約先のサイトの注意事項をよくご覧になって
    ご契約ください。当サイトでは一切の責任を追うことはできかねます。
ということで、どういった人にオススメなのかということも、記載しておきます。
  • スマホで動画をたくさんダウンロードする。
  • 既に、毎月7GB制限にひっかかってしまう。
  • Wazaar(ワザール)をWIFI環境の無い通信環境で見る場合が多い。
こういった方は、検討されても良いかもしれません。

 

UQ-WIMAXをなぜ格安で契約できるのか?

基本的に、通常店舗で契約する場合は、正規の価格である、3800円~という契約になるのですが、
もちろん、その内容によっては前後しますが、

その価格を、トムフルーズが知っている価格ですと、最大毎月1800円程度まで抑えることが可能になります。

その前に、なぜUQ-WIMAXかと言いますと、現在は通信量の制限が無いんです。
これが最大の売りになっています。

通信速度やつながりやすさというのは、その状況下によって大幅に変わってしまうので、当サイトでの
ご説明は割愛させていただきますが、必ずご自身でご確認ください。

要するに、動画を通信量を気にせずにダウンロードができるということになります。

 

では、その『からくり』をお話いたします。
  1. まずは、インターネット検索で、【WIMAX 激安】といったキーワードで検索してみてください。
  2. すると、その中で様々な特典を付けたサイトがたくさんあると思います。
  3. 更にその中で、毎月の使用料金を最大まで引き下げることを特典としているサイトを見つけてください。
  4. そこで、そのサイトの条件を承諾し契約した場合に、その料金が適用されます。
というのが、おおまかな流れになります。

で・す・が!

ここからが重要です。

これには、販売会社側の条件を飲むことが絶対条件になるのですが、以下が代表的な条件になります。
  • 2年間の契約をし続けていただくこと。途中解約には違約金が発生する。
こういった条件がほとんどです。

他にも、タブレットをプレゼント!というような形で、(料金の割引は無い)2年間の契約を条件にするケースもあります。

なので2年間は最低使ってくださいね!その代わり、月々の料金をお安くしますね。

それ以外で解約するのであれば、違約金を頂きますよと。

という内容になります。

なので、2年経過後は元の月額使用料金に戻ってしまうのが多いです。
その場合には、一度解約をした上で、再度そういった契約を行うことの可能なところで契約をする。

基本的には、この繰り返しになります。

 

これが、UQ-WIMAXを毎月格安で契約する方法になります。

ここで、再度申し上げますが、必ずサイト先の規約・条件をお読みになって頂き、検討してくださるようお願い申し上げます。
トムがご紹介した方法はあくまで、基本的な手法なので、全ての契約先でそのとおりではありません。

 

ですが、この方法であれば、Wazaar(ワザール)で動画教材を存分に外出先でも使用することができます。

 

ぜひ、参考にされてみてください!

 

本日も最後までお読みなっていただきまして、ありがとうございました!

画像ワザールを駆使して、稼ぐ方法を無料のメルマガで公開中!

更に、期間限定で無料メルマガ登録で10万円以上で販売予定だった
【スペシャルな特典】がもれなくプレゼント中!

登録ボタン

おすすめ関連動画

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ